光回線のモデム無料交換詐欺に注意!実際に家に来た話

時事,詐欺

modem sagi

コロナ禍で在宅ワークの方が増えていますが、「家に人がいる」ということで訪問販売も増えてきている気がします。

それでじっさいうちに来た詐欺で、「光回線のモデムを無料で交換してあげます」というのがありました。

いきなりそんなこといって、ひっかかるやつがいるのかニャ?

いきなりこう切り出すのではなく、最初は、

NTTから委託された販売店です。

この付近で光回線工事をおこない、速度がアップしました。

そのことについてご連絡さしあげにまいりました

という話からはじまります。

つまり付近一帯で光回線の工事がおこなわれ、そのご連絡ということで訪問に来たという話です。

そこから誘導していくのかニャ。

今回は注意喚起もかねて、この手口を詳しく見ていきましょう。

 

光回線工事報告からのモデム無料交換

業者の人がインターホンを鳴らしたので、

「なんの用ですか?」

と聞いたところ、

付近一帯の光回線工事が終わったので報告に来ました。立ち会ってください

とのこと。

なんで立ち会わないといけないのニャ。

とにかく「直接話をする」という状態にもっていきたいがためですね。

それで出ていってみたら、その業者の人、家の前庭のゲートを開けて、ドアの前まで勝手に入り込んでいました。

この時点でまともではないニャ。

まあ、不法侵入で警察を呼べる状態ですね。

それで業者の人がいうには、

「最近、在宅勤務などで、このあたり一帯でネット回線を利用する人が増えています

そのため、ネットのスピードが落ちていました

それで付近で光回線工事をおこない、回線速度がスピードアップしました。

最近、回線が遅いと思ったことはありますか?

最後の質問は、回線の乗り換えに結び付けようとしている感があるニャ。

この問いに対しては、

「そんなにネット使っていないので、よくわからないですねー

適当に答えました。

すると業者の人は、

「スピードが上がったので、モデムを交換することによって、ネット速度に合ったスピードを実現することができます。

それでNTTでは、現在の1Mのモデムを2M無料交換するサービスをおこなっています」

その業者の人、NTTとかいっちゃって大丈夫なのかニャ?

個人的にここはかなり気になりました。完全に虚偽ですし、販売代理店でこの表現はまずいとは思います。

消火器の訪問販売でも、「消防署のほうから来ました」ぐらいにはぼかすニャ。完全な嘘はつかないニャ。

まあ、普通にNTTの名前をそのまま出すのはまずいですね。

それでこのときに、

あなたの使っているモデムはどれですか?

といわれ、3つのモデムの写真が印刷された紙を見せられました。

でも無料交換からどうやって契約につなげるのニャ?

今回はこの時点でお帰りいただきましたが、じっさいの手段としては、とりあえず家にあがりこんでモデム交換の日時の打ち合わせをするようです。

業者の人にしてみれば、家にあがりこんでしまえば、交渉はかなり楽になりますからね。

このときに、

この契約にしないと、ちゃんとした回線速度が出ませんよ

みたいなことをいって、回線の乗り換え契約にサインをさせるのですね。

ネット知識のない人だと、なんだかよくわからないままサインをしてしまうでしょう。

人は「無料」という言葉に弱いから、「速いモデムが無料でもらえるなら」と業者を家にあげてしまうのニャ。

モデム自体が無料なのは嘘ではないのでしょう。光回線を契約すれば、モデムは無料貸し出しになることが多いですしね。

ただそのモデムが使えるのは、新しい契約に乗り換えたときということです。

 

まとめ

中国にいたころは、電話や訪問販売での詐欺みたいなのはほとんどありませんでした。

日本だとなんかやたらと多い気がします(体感的に)。

たぶん日本は優しい人が多いので、だましやすいというのがあるのかもしれません。

話をまじめに聞いてくれる人が多いのニャ。

少なくとも、電話での販売や勧誘は、「結構です」といってすぐに切ってしまうのがいいでしょう。

相手の話を聞かないのは悪い気がする」と思う方がいるかもしれませんが、しょせん知らない人ですし、相手はあなたの時間をうばっているのです。

時間をうばうような知らない人に遠慮する必要はないニャ。

それか、常時留守番電話にして、

「防犯対策のため、常時留守番電話にしております。ご用の方は発信音のあとに、お名前とご用件をお願いします」

とでも吹き込んでおけば、面倒がなくていいでしょう。

詐欺はどんどん巧妙化してるから、じゅうぶん注意するのニャ。